忍者ブログ
人生の落伍者が酒に塗れながらくだらない事を書き連ねます
(2017/08/21)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2011/09/05)
おかげさまで、書店での審査も終わり、委託してもらえることとなりました。

と言う事で、C80にて発行しましたアイドルマスターSS本、『ブラン・ニュー・デイズ』は
虎の穴さんにて絶賛委託販売中です。
(なお、通販ページへのリンクはこちら 18歳以上向け注意です)

興味のある方は見てみられると良いかと思いますよ。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
拝見しました。
始めましてこんばんわ。
夏コミ本を拝見しました、某Pと申します。

あまり大きな勢力とは思っていませんでしたが『りょうりつ』ファンの方の作品に出会えて、とても嬉しかったです。今回のお話、希望を持ちつつも、ちょっと暗い感じで〆られましたので、また何かの形で続きを読みたいなあと。

また時折お邪魔させていただきます。それでは。

追伸:どこかで見かけた文体・内容だなと思っていましたが、目次裏の表記を見て納得。自分も『某スレ』には出入りしていますよ~ 一時期は書いていたりもしました。またあちらでも、うたたねさんの作品が読めたらいいなぁ。
某P  2011/09/17(土)01:36:52 編集
ありがとうございます!
>>某P様
はじめまして。当ブログ、および拙作にコメントを下さり有難うございます。
>>あまり大きな勢力ではないですが~
微力ながら、「りょうりつ」のファンの方に作品を提供出来たらと思い、今回同人誌の頒布に至りました。
秋月律子と言う少女は、自分と周囲の関係を規定したがる、と言うより規定していないと安心できない、そんな少女に思えます。しかし、秋月涼が男の子として、人間として成長して行くことで、互いの関係を規定しなおさなければならなくなるのでは、と思うのですよ。それを離別の方向で描いたのがサークル「きしゃー」さんの作品でしたが、恋慕の方向へともし向かったら……と考えて筆を執ったのが私の作品です。もっとも、「家族の様に育った、そっくりな二人が恋をする」お話が好きと言う私自身の性癖も多分に含まれていますが(苦笑)

>>何かの形で続きを
まず「作品として『涼と律子が対等な関係にあって、恋愛関係にある作品』を書きたい」と言う欲求が先にあって、それに沿って作品を書き、空いているところを埋めていく形を本作では取ったので、このお話に至るまでの話や、あるいはこの作品の後日談は書きたいと強く思っています。また、同作品を読まれたとあるプロデューサーに指摘されたことでもありますが、「秋月涼の精神的な成長と不可分で、また涼に対して恋慕を抱く夢子と言う存在」の事を落とすのは作品にとって大きな遺漏であるので、この作品世界の中で桜井夢子と言う少女がどう思い、どう行動しているかと言った作品も着手したいと考えています。
媒体として今回の様に本の形式を取るか、それともWebで発表するか動画形式で発表するか、その点についてはまだ未定ではありますが。

>>某スレで
そちらの方でもお世話になっています。当ブログ内にある作品をご覧になると分かるかもしれませんが、今でも多作ではありませんが、プロデューサーと小鳥さんのお話など、ぽつぽつと作品を投下しておりますよ。

では、次の作品でお会いできることを楽しみにしています。
管理人 2011/10/09(日)16:55
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新コメント
最新トラックバック
twitterポスト
ブログ内検索
Powered by NINJAブログ. / Template Design by 短腿.
Copyright © うたたねするお化け : All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]